Home > 症状別施術法 > 新型コロナウイルス後遺症について

新型コロナウイルス後遺症について

現在、巷を騒がせている新型コロナウイルス後遺症についてのお話です。

ただし、これはまだ数例しか拝見しておりませんので、新型コロナ後遺症に苦しんでいるすべての方が同じかどうか、まだ確定はできる段階ではないのですが、急を要している方もあると思いますので、少しく述べてみます。

近々で私が拝見した方は、主に倦怠感、また動悸・息切れ、頭痛も強く、外出もままならないという状態でした。
他に味覚・嗅覚の障害もありましたが、それは数日で自然に回復したそうです。


なぜ倦怠感や動悸・息切れが起こるのか

まず、整体的にみますと、
倦怠感というのはお腹が硬くなっている、
動悸・息切れは胸がこわばって詰まっている、
ということになります。

とりわけお腹が硬くなりますと、その硬くなったコリが、また全身にテンションをかけますので、本来持っているポテンシャルを奪われてしまうワケですね。
仮に持っている力が10だとしますと、イメージですが新型コロナウイルス後遺症の場合、そのうちの8~9を、何もしないでいても使い果たしている状態と言えます。
ということはつまり、1~2の力しか発揮できないということになります。

状態としてはお腹に力が入らない、だるさがあって動きづらい、だいたいこのような塩梅です。

なぜお腹が硬くなるか、また胸が詰まるかということですが、実は、これは頭部がこわばるからであることが典型的なケースです。

ではさらに、なぜ頭部がこわばってしまうのか、また、なぜ頭部がこわばるとお腹が硬くなるか、胸が詰まるかということですよネ。
それはまさに、こわばった頭部に胸やお腹が引っ張られるからなのです。

「こわばる」ということは硬く縮こまるということですから、縮こまった分、他にテンションをかけるワケですね。
それが胸にかかって胸が詰まる、そしてお腹にもかかって硬くなってくる・・

通常、疲労感や倦怠感、動悸・息切れの症状は、かようなことで起こります。
ですから行うべきはまさに、「こわばった頭部をほどく」ということになります。


新型コロナウイルス後遺症との共通性は

ただし、これが新型コロナウイルスの後遺症でも同じなのかどうか、ということがネックになってくるということですネ。
結論から言えば、少なくとも私が拝見したその方は同じでした。

常連でお越しいただいている方で、新型コロナウイルスに罹りましたが、割と回復は早かったようです。
しかしその後、とりわけ倦怠感=力が入らないということで、外出ができないとのことでした。

そういったことで、遠隔治療で拝見した次第です。
反応自体は、通常の倦怠感、動悸・息切れの症状と同様のものでした。

操法後は外出もできるようになり、まずは喜んでいただいたのでよかったです。

*******

もし新型コロナウイルス後遺症で苦しんでいる方がありましたら、まずいろいろお腹をグッと押してみてください。
どこか鉄板のように、あるいは指がはね返されるように硬かったり、「ウッ」と苦しさが来るようでしたら、おそらく頭部がこわばっていると思います。

横浜 東戸塚 整体 愉和 清水