Home > 症状別施術法 > 遠隔治療について

遠隔治療について

整体操法に距離は関係なし

遠隔治療というテーマにつきましても、少しく述べておこうと思います。

いちばん最初私は、整体はいわゆるボディワークとして、直接おからだに触れていました。
ただし、当初から押す、揉む、骨を動かすなどの行為はまったくありません。

「手を当てる」のがメインです。

からだには流れがありますが、その、流れの滞った箇所を発信源として不調が顕れます。
滞った箇所のつっかえをほどいてあげることにより、流れがスムーズとなり、病気や症状の必要のないからだとなっていきます。
これは腰痛でも肩こりでも内臓疾患でも、こころの病でも難病でも、なんら変わることはありません。

愉和の操法をざっくりと言えば、以上のような感じになります

つまり治すのではなく、自然に治るような状態に導く操法ということになります。
そのために、直接おからだを拝見して滞った場所に手をあてていたわけです。

しかし臨床を重ねていくうち、直接おからだに触れていなくても流れに沿ってさえいれば、操法は通っていくことがわかってきました。

*******

必要なことは外からの力でからだを変えようとするのではなく、からだが自分自身で自律的に回復の経過をたどることができるようにしてあげることなのです。

そのためには、直(じか)にさわる必要はありません。
ですから現在は、操法の際にはおからだには、ほぼさわりません。


遠隔治療について

そもそも、現在おこなっている通常の操法自体がおからだにはさわることがほとんどなく、且つお客さんに密着することもなく、いわばやっていることは遠隔治療と言って差し支えない面があります。
いわゆる一般に言う遠隔治療と違うのは、そこにBODYがあるかないかというだけで、やっていることは変わりないわけです。

ということは、通常の操法でも、アプローチしているのはBODYではなく、いわば生命エネルギー磁場ということになるでしょうか。
つまり通常であっても遠隔であっても、必ずしもBODYは必要ではなく、生命エネルギーの発揚こそが回復への力となるわけです。

もしかしたら生命エネルギーこそが「実」であり、BODYは「虚」なのかもしれません。

*******

では実際の遠隔治療の際に、どうやってそこに存在しないからだを観察し、操法するかということですが、これは頭のなかにヒトガタを浮かべるのです。

そのヒトガタにご本人を投影し、ヒトガタを観察し、通常と同様に操法します。
そうしますとヒトガタから本体のおからだまで一直線に繋がり、キチンと反応してくれて、みずから変化してゆきます。
細かい説明は省きますが、実際にはやった方も受けた方もビックリするくらいでした。

これですと、北海道にいようとヒマラヤにいようと火星にいようと、距離はまったく関係ありません。
正直やっている私も、不思議な感覚です。

いつかもし、私のからだが動かなくなっても、また、苦しんでいる方が家から出られなくとも、操法は可能であるという事実が、私に一縷の安堵を与えてくれるのです。

ただし現在のところ、実際に目の前で流れを読んで操法するのをメインとしておりますので、現段階では遠隔治療は正規のメニューには入れておりません。
とはいえ2020年現在、新型コロナの問題がありますので、現実的には少数の方のみ、これまでご来室のあった方であることが前提で遠方の方、高齢の方をメインに行っています。

もしも今後、潮が満ちることがありましたら、メニューに入れることもあるかもしれません。


横浜市戸塚区 整体 愉和 清水