Home > 症状別施術法 > ぜんそくは気管支のモンダイ?

ぜんそくは気管支のモンダイ?

ぜんそくになりやすいからだ

ぜんそくはアレルギーの問題であるとか、体質の問題であるとかいいます。
もちろん、間違いはないのですけど、それ以前に、そうなりやすいバランスがあるのではないかというのが、日々の操法から感じられる偽りのない実感です。

ご来室されるぜんそくの方を診ていますと、みな一様に肋骨(ろっこつ)や胸骨がこわばっていて、呼吸が浅い。
これでは肺や気管支に圧迫がかかっても、不思議ではありません。
これは、肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)でも同様です。

ご自分の胸をさわってみてください。
弾力がありますか?もしかしたら、コチコチな感じがしませんか?
また、息が浅くしかできない方は、ご用心。

ではなぜ、こわばってしまうのでしょう。

肋骨(ろっこつ)は、影の黒幕

はじめの第一原因まではわかりません。
こころの問題かもしれませんし、打撲も考えられます。
はたまた、日々の生活のなかで徐々に歪みが蓄積したか・・
もしかしたらですけど、生まれる(分娩)ときのとりあげるなかで、圧迫があったことも考えられるのではないかという気もいたします。

とにかく、首や胸、腕がかたくなって力が抜けない、これは「気が上がった」状態でもあります。
気が上がると、呼吸も浅くなりますよね。

しかしなぜ、肋骨なのか。
それは肩甲骨(けんこうこつ)や背中をゆるめるにも、首をゆるめるにも肋骨を差し置いてはうまくゆかないことが多いからです。
頭痛でも肩こりでも高血圧でも、ほぼかならず肋骨はこわばっています。
特にぜんそくの場合、肩甲骨につながっている鎖骨(さこつ)がズレて、胸の骨(胸骨)がこわばっていることが多いです(ちなみに胸骨は、気管支に直結している骨と言えます)。
最終的にぜんそくは、胸骨が変わらねばなりません

これがなぜそうなっているかというと、先に述べました第一原因によるということになりますが、さて表には表れないこれがどこから来ているかといいますと、これはひとりひとりまったく異なった原因とバランスから来ています。
頭からのこともあり、手指の詰まりからのこともありましょう。
要は、どこからでも起こりえるということです。

見逃しやすいノド

あともうひとつの観察点はノドのあたりです。
鎖骨が長い間にわたってズレていますと、その上のノドのあたりにも微細なしこりのようなものができ、気管支を狭くするような状態になっていることがありますので、その硬結(コリ)もほどきます。

ときには喉仏にも手を当てなければならないことがありますから、いかに繊細な操法が必要かということです。

まとめますと、胸郭(鎖骨、肋骨、胸骨)、それとノド、これらが観察点の要となりましょう。
ただし本当の大本の問題は、繰り返しになりますが、個別のケースによって変わってくるということになります。
からだを丁寧に解読し、どこからきているかを探索することが大切です。

大本からの治療

肩こりがひどいということで来られた女性は、まさにそんな状態でした。
うかがってみると、やはりぜんそくの症状があるといいます。
昔に小児ぜんそくはなかったのに、ここ数年出るとのことでした。

なにはともあれ、最初は足から整えてゆきます。
なぜかといいますと足腰がからだの要ですから、下半身から波及したものが上半身に及んでいるということは、しばしばあることだからです。
このとき、恥骨や尾骨はきちんと正中線におさまっていなければなりません。
それからあらためて、上半身の末端である手首から肘を診、肩、鎖骨(さこつ)、肩胛骨(けんこうこつ)、頸椎(けいつい)と診ていきます。
細かいところでは、肋骨(ろっこつ)の隙間にある「詰まり」もほどくこともありますが、この作業は、できればおこなわずにほどける方が望ましいです。
なぜかというと、この詰まりも2次的なものであることが多いからです。

そして頭です。
頭部がこわばりますと、これは胸部を直接引っ張ることもしばしばです。

施術が終わったとき、どのような感じが尋ねましたが、胸のあたりがスーッと軽くなって息がラクに腹まで入るようにもなり、もうぜんそくが起こりそうな気配はしないと言います。

操法後が大切

要は、ぜんそくの症状を止めようとするよりは、ぜんそくの必要のないバランスにしていくのが大切なのだということです。

もちろん、1回で全部よくしようというのはなかなか難しいお話です。
とはいえ、1回のなかで大きくバランスもからだも呼吸も変わることもしばしばあります。
ところが変化が大きかったときは、そのあとがホントに大事です。

気管の通りもよくなってますし、からだそのものも軽くなっていますので、しばしのあいだ、それまでよりもいっそう慎重に生活をした方がよいでしょう。
その変化によって、ときに過敏な症状やぜんそくの症状も出たりもするかもしれません。
しかしそれを経過させ、偏りのないバランスになじませてあげるのがキモといってよいでしょう。

頻繁に操法をおこなう必要はありませんが、およそ古い原因によるものですので、観察期間はできましたら長めにかけた方がよいです。
このような形できちんと受けられた方からは、そのままよくなってしまったというお話や、もしくはあきらかに季節の変わり目など、寒暖の差が激しい時期に出ていた症状が出てこなくなった・・というお話をいただいています。

「体質だから仕方がない、うまくつきあって・・」というお話を聞きますが、体質とは一体なんなのか。
私が診るかぎり、多くが言う「体質」とは、単にバランスの崩れた状態を言っているに過ぎないように思えます。
要は、バランスを整えてあげれば事足りることがどれだけ多いことでしょう。