Home > 症状別施術法 > 子宮筋腫は、骨盤の隙間を埋めるアンコか

子宮筋腫は、骨盤の隙間を埋めるアンコか

子宮筋腫は、どうしてできるのか

これがわかれば誰も苦労しないんだよ!・・と怒られそうですが、私がこれまで拝見してきたおからだを俯瞰してみますと、いろいろ見えてくるものがあると感じているのです。

ときに、「子宮筋腫の原因は、骨盤のゆがみ」なんて書きますと、こんなフレーズはアッチコッチで見かけるものでもあるでしょう。
「雨の原因は低気圧」などと言われるのと同じですよね。

じゃあ、骨盤のゆがみはどうして起こるのでしょう。
これが大事なことです。
また、できる人とできない人がありますが、その違いはどこにあるのか?
そもそも、ゆがみのまったくない人なんているんでしょうか?

頭が、悪い

いえいえ、知能のお話ではないんです(汗)。
悪さをしているのが、実は頭であることが多い。

別の箇所とコラボしていることもありますが、特に頭が子宮筋腫にかかわっていることは実に多い、のです。

どういう悪さをしているのか。
まず、頭がこわばっているのです。
その原因はさまざまです。
打撲もあれば、生まれるときの難産もあります。

ときに、こわばるということは、硬く縮こまるということです。
縮こまるということは、縮んだ分、他を引っ張るということです。

かくして頭が、引っ張る元となるわけです。
これが頭につながっている背骨を引っ張りますと、最終的に仙骨が背骨に引きずられて上方へ引っ張られます。
でも仙骨は上に引っ張られるけど、両脇の腸骨は置いてかれる。

しかも、その引っ張られ具合が左右で違った場合、骨盤に左右差も生まれます。
かくして上下左右で骨盤に歪(ひず)みが生まれてしまいます。

で、からだは常に動いていますから、その動くからだの要(かなめ)となる骨盤が不安定ですと、どうにもイケマセン。

するとからだは思案し、不安定部分に隙間を埋めるアンコを詰めようとする・・このように考えますと、けっこう辻褄が合ってしまうのです。

存在する必要がなくなれば、子宮筋腫も変化する

愉和にお越しになる方でも、子宮筋腫を持っている方はけっこうおられます。
現実的には、子宮筋腫以外の病気なり症状なりを持って来られるわけですが、操法をしていくうちに子宮筋腫がなくなって(きっかりゼロになったかどうかは別として、検査に引っかからなくなって)しまったり、サイズが小さくなったということはしばしばあります。

その方の病気や症状の原因と子宮筋腫の原因はクロスオーバーしていたということでしょうけれども、そういうことはよくあります。

子宮筋腫に変化があったことに驚かれることもあるのですが、これは特別なことでもなく、アンコを敷く必要がなくなれば、筋腫もなくなっていくのは自然の摂理でもあります。