Home > 症状別施術法 > 膝の痛みが治らない

膝の痛みが治らない

何度も通ったけれども

あるとき、ヒザの痛みでカイロプラクティックに週に2回、3ヶ月以上通ったけれどもよくならないということで来室された方がありました。
なんでも、やった直後は少しよいらしい。しかしすぐに戻るとのこと。
このテのお話はよく聞きます。

で、その方ですが、症状的には初回でほぼ取れてしまいました。

ヒザはヒザだけの問題ではない

初回で症状は取れた、と書きましたが、症状がなくなったら全部OKというわけではありません。

カイロプラクティックの先生が何回やってもよくならなかったように、古い原因があり、症状が深く内攻していました。
深いものであればやはり症状は前後しますし、1回やってご破算にすることはちょっとムズカシイ。
バランスを整えても、長い期間に積み重なった歪みがしつこくへばりついていることがあったりするからです。
とはいえ、それでも3回でほぼ間に合ったようですので、その後は、またなにかあったときに適宜、調整すればよいと思います。

ところでヒザというのは、足首と股関節(こかんせつ)のバランスをとり、双方の調整役をになっている関節です。
ヒザだけどうにかしようとしても、それはムリな相談です。
股関節、足首はセットと考えなければなりません。
また、脚の筋肉のスジの硬直も視野に入れるべきでしょう。

また意外かもしれませんが、頭部のアンバランスから足が上に引っぱられ、それがヒザにテンションをかけているケースもあります。
この場合は当然ながら、頭部の調整も必要になります。
このように、患部からは遠く離れたところに原因があったりすることもありますので、観察が大切なのです。
そしてこの観察が難しいこともあります。

初回で症状が取れたとき、痛みはなくなったけれども、もう片一方の足とどうも感触が違うと言います。
しかも、自動運動(からだの内側から自働的に動きが出ること)が出てきました。
このような場合、やはりよほど深く内攻した歪みがあることを表現しています。

お話をうかがいますと、剣道をやっていたとのこと。
剣道も、偏ったからだの使い方をするスポーツです。
施術によってバランスは快復しても、長い期間に渡ってつちかわれて偏りの残った部分は、やはり数回は処理しなければならなかった次第です。

痛くなくなっても、すぐに動かない

特にヒザや足首の場合、どうしても日常的に使う場所ですから、とりわけその箇所は痛くなくなって軽くなっても、慎重にしていたわるべきです。

ときには激痛なまでの症状がケロッと取れてしまうことがあります。
そんなときは特にご用心。
安心してガシガシ使ってしまいますと、ゆるんだ箇所に急激に負荷をかけてしまうことになります。

私は「痛くなくなった直後は安静に」、「数日かけてなじませるように」ということを必ず言うのですが、守ってくれずに突っ走ってしまう方があります。
そうすると、傷めやすくなり、一気に過敏な状態になってしまう可能性があるのです。
そうなってしまうと、私でも難儀するようになってしまいます。

すべての病気や症状に当てはまりますが、痛みがなくなったとき、軽くなったときが慎重にすべきときです。

スポーツ選手でも、故障があるときは慎重になりますからそれ以上は毀しにくいですが、快調に飛ばしているときにケガをしますよネ。