Home > 症状別施術法 > 外反拇趾って、靴だけの問題?

外反拇趾って、靴だけの問題?

いつも足が痛い

腰痛やばね指などの症状もありましたが、なにより足(親指のつけね)が外反拇趾になってしまって痛いということで来られた女性Sさん。
やはりそれまでは病院へ行って、レントゲンを撮ったりリハビリをやったりしていましたが、結局、「これはもう治らないよ」と言われたらしいのです。

まぁしかし、治らないと断言してしまうのも、いかがなものでしょう・・
説得性の強い画像診断の、罪なところかもしれません。
ビジュアルで見ますと、「これはもう治りようがない」と思ってしまうのでしょうか。

ただ実際には、なにをやっても常に足が痛いという状況は変わらず、その後も治療には行っていたらしいのですが、電気を当てたりするくらいで、症状はまったく変化がなかったそうです。
しかも、外反拇趾というのは保健適用外で、1回1万円(!)もするらしいです。
私もちょっとめまいがしました。

痛いところにさわらない

からだを拝見しますと、けっこう歪みがあります。
まず、骨盤の左右の位置が違います。
それから仙腸関節(せんちょうかんせつ)も。
また、肩も左右のバランスが違います。
これは、重心が狂っているのですね。

どのような症状でも、あわてて痛いところにさわらないことです。
なぜかといいますと、患部というのは、およそどこかのアンバランスが症状として露呈した結果に過ぎないからです。
私は外反拇指のところは無視して、足の部分から骨盤の調整、あと以外かもしれませんが頭部、そしてからだの重心の調整に終始しました。

ところで、およそ手技療法といわれる手法のなかで、私はからだの重心を調整する技術をあまり聞いたことがありません。
押したり揉んだりする技術や矯正術というのは、山ほど聞きますけどネ。
しかし、重心を整えるのは、とても大切なのです。

終わってから起きてみてもらいますと、まず、立ったときの安定感があると言います。
からだの正中線に、軸が通ったような感じですね。
肩を上下させても軽くなったとのことです。
ばね指もなくなっています。
ばね指も、肩や肘のアンバランスなどから起こっていることが多いからでしょう。

で、それでは足の痛みはどうですか?と聞き、確認してもらいました。
そうしたら、「エーッ!」と声を上げ、「痛くない・・???」
私は外反母趾のところは1回もさわっていません。
でもこのことに、にわかには納得できないようで、「どうした治ったのか?」と迫ってきます。
「超能力でも使ってるのではないか」ともおっしゃいますが、確かに押す、揉む、バキッとするなど、一切やってません。手を当ててるだけです。

ただ、くだくだしい説明をしてもややこしくなるだけなので、あまり意味はないんです。
むしろ分析をするよりも操法で味わった感覚を覚えておく方がずっとよい。
からだが治るようになっているのは事実ですし、実際、私は気持ちのよいことしかやっていません。
操体法の創始者、橋本敬三さんの言うように、「気持ちのよさ」で治るのです。

ただ、ひとつ言えるのは、靴が窮屈だとかヒールが高いからつま先に圧迫がかかるとかだけのモンダイではなく、

股関節からヒザ、足首のラインで不整合が起こり、その微妙に狂った角度がつま先にしわ寄せが行ったことによる症状が外反拇指

だということです。
で、これは実は頭部の詰まりから来ていることが非常に多いという気がしています。
もしも高いヒールや窮屈な靴を履いている方がすべてなっていたら、女性はみんな外反母趾です。
先に述べた角度、これが調整されたから治ったのです。
いずれにしましても、いつも足が痛いのは辛いですよね。
早くに治ってよかったです。

もしもこれで痛みが残っている場合、患部にかかっている直接の圧迫を取り除くことも必要です。
それとできるだけ、ハイヒールなどは敬遠した方がよいと私なぞは思うのですけどネ。

また別項(「頭のブラックホール」)で述べていますが、頭部のこわばりから来ているケースの外反母趾が非常に多いということも、つけ加えておきましょう。