Home > 症状別施術法 > 鼻づまり、鼻炎、蓄膿症について

鼻づまり、鼻炎、蓄膿症について

鼻孔に来る圧迫

よく操法をしていて、呼吸が深くなってくるとともに、鼻が通ってくるというお話を聞きます。
特に、鎖骨や肋骨を調整しているとき。
もちろん、これはいささかも不思議なことではなく、鎖骨(さこつ)や肋骨(ろっこつ)は頸部や頭部と密接に連動している部分ですから、鼻の調整をしようとしなくても、そういった効果もあるわけです。

思い起こしてみれば、鼻に出る症状は特に、鼻だけをなんとかしようとすることが多いのではないでしょうか。
歪みを正すことですべての鼻の問題がすべて解決するとは申しませんが、鼻そのものをどうにかしようとする前に、歪みを治しておきたいものです。

ときに、頭部はカタいという印象があるかもしれませんが、実は常に全身のバランスの影響を受けています。
左右の観察点を診ましても、両方同じ状態であることはまずありません。
これが頸部との連動で、症状の出る箇所や症状そのものが多彩に変化します。

鎖骨(さこつ)と肋骨(ろっこつ)

このふたつは、常に連携して生体活動を営んでいます。
私のみるところ肋骨(ろっこつ)は、左右が同じではありません。
だいたい左がこわばることが多く、右はさほどではないんです。
ですから、ホントは常になにかしらの圧迫が頭部へ行こうとしていると考えてもよいかもしれません。
鼻でいえば、

鼻孔などへの圧迫があることでそこが過敏になり、蓄膿症や鼻づまり、鼻炎などが起こりやすくなる

こともあるのではないでしょうか。

これを、ふつうは日々の生活のなかの動作であったり、寝るときとかの体勢のとりかたなどによって微妙に、しかも自然に無意識に調整しているわけです。
ところがなにかしらのキッカケでそのアンバランスが助長されてしまうと、さまざまな症状や病気の元になったりしてしまうのでしょう。
でも、そのときに鼻なら鼻だけをいろいろいじくるものですから、それでかえってこじれてしまう。

最初の頃であれば歪みを調整すればなんでもないものなのに、出ている症状だけを抑えようとしてしまう治療法が多いためにモンダイが大きくなってしまっているのではないでしょうか。

鼻の打撲

鼻をどこかにぶつけたりして以降、どうも鼻づまりがしたりスッキリしなかったりするという場合、鼻の付近、頬骨近くに圧痛点があることがあります。

圧痛点が片側にあるということは、そちら側へ引っ張る作用がはたらいているということですので、当然鼻にも影響が出てきましょう。
この場合、圧痛点と反対側の同じあたりの2点を手指で押さえますと(力は入れません)圧痛はほどけ、鼻もスッキリしたりします。
こころあたりのある方は、おためしあれ。