Home > 愉和の整体 > 愉和の整体とは

愉和の整体とは

コンセプト

愉和の整体はマニュアル的におこなうものではなく、それぞれの症状とそれぞれのおからだに、もっとも適した方法で精妙に調整するものです。

愉和の治療的側面

これまで治療(整体)院等へ何度も通ったけれどもよくならなかった、あるいは医師には「もう治らない」と言われた方々、そして、無理な矯正で悪化した方々が、心身の自然の摂理に則った調整をすることにより、気持ちよく快復されています。

ほとんどあきらめていたような症状がなくなったとき、ご本人にはとても喜んでいただきますが、そんなときは、私もとてもうれしく思います。
その瞬間のために、この仕事をしていると言ってもよいかもしれません。
まずもってこのように、あらゆる不調を抱えた方々のために、愉和は存在します。

愉和の脱治療的側面

そして、治療という枠組みを超え、ただ存在すること、大地に安んじて身をあずけることが、本来そのまま気持ちがよいものであるという、心身の深淵との対話、味わいがなされることも、愉和の操法の醍醐味と言えましょう。
「受けるたびに気づかなかったコリがほぐれ、カラダが溌剌と喜んでいるのが感じられて面白い」、「操法後、からだを動かすのが勿体ない、このまま味わっていたい」等の感想を頂いています。

どちらも操法自体は同じ、ただひとつのものです。
治療を望んでおられた方が、いつのまにか最初の症状などは忘れ、心身の深い部分での感覚を堪能されるようになることもしばしばです。

このような方へ

施術の流れ

初診の方

  1. 最初に問診表に現在の症状、また既往症や服用している薬などがありましたら書いていただきます。
  2. 必要な質問をし、たとえば過去の打撲など(忘れている方、けっこうあります)、いつ頃から症状が発生したか、また症状の変化などから現在の状況の見立てをおこないます。
  3. 施術をおこないます。
    時間につきましては、おからだの状況により、前後します。
    それぞれに適った対応と操法を、必要充分なだけおこなうため、場合によっては一時間を超えることもありますのでその点、ご了承くださいませ。
  4. 施術が終わってから、施術内容や状況の解説、留意点等を説明します。

再診の方

再診の方は3からになります。

プロフィール

愉和 清水龍太

愉和 清水龍太

1959年蕨で生まれ、横浜で育つ。牡羊座。
さまざまな療術を広く研究した末、最終的に「操体法」「野口整体」という生体を信頼する療法にたどりつき、さまざまな場で研鑽を重ね、後に独自の手法を得る。
その迅速な快癒効果のため驚嘆の念を抱かれること多く、また自身も、いのちの見事な良能に感動を覚える日々を送る。
現在は、原因不明を含めたあらゆる病気や症状、更には膠原病や難病と言われる病気も癒やし乍ら、研鑽を続ける。
また、愉和の手法を後世に残すための教室も開催。