Home > 愉和 音楽館

愉和 音楽館

私は音楽がとても好きなのですが、常日頃つらつらと想うのは、音楽をはじめ芸術も、そして日常生活に至るまで、整体ととてもシンクロしているということです。
いかなるときも繊細な方が、より深くまで響きます。

ここでは私は「原曲に忠実」ということは、微塵も考えておりません。
どれだけ忠実に再現したとしても、それ以上のものにはならないからです。

たとえばセリーヌ・ディオンの、あの圧倒的な歌唱力をピアノで表現しようとしたって、これはホロヴィッツであろうとルービンシュタインであろうと、もとよりムリなお話です。

であるならば、(ピアノであれば)ピアノの響き、これだけを優先させた方がよいのじゃァないだろうか。
というワケで、アレンジやリフの多少の変更は意に介しておりません。

ときに、私は楽譜も読みませんし、楽器の練習もほぼやりません。
その分、感じるままに弾きます。


イフ・ウィー・ホールド・オン・トゥゲザー(ダイアナ・ロス)

TO LOVE YOU MORE(セリーヌ・ディオン)~meeting(イエス)

人間の証明(ジョー山中)

即興曲

バッハG線上のアリア

バッハ無伴奏チェロ第一番

ユー・レイズ・ミー・アップ(ケルティック・ウーマン)

白い恋人と ロックンロール~トッカータとフーガニ短調(バッハ)~即興曲~ユー・レイズ・ミー・アップ(ケルティック・ウーマン)

使用楽器

ピアノ カワイCA95
シンセサイザー コルグ トリニティプロX