Home > 症状別施術法 > 愉和の整体は、整体なのか

愉和の整体=愉和法は、整体なのか

刺激はからだを変えない

整体のイメージといいますと、外から押したりほぐしたり、またはボキッと骨を動かすようなものが多いと思います。

でもどうでしょう、それでコリはほぐれるでしょうか?
また、バランスが整うでしょうか?
大方は変わらない、もしくは余計におかしくなったりしないでしょうか?

*******

愉和の整体=愉和法は、他の整体(手技)療法とは180度、趣きを異にしています。
それは、からだに対して押す、揉む、矯正するなどの刺激をいっさい、与えないからです。
逆に、クライアントのからだが自然に、勝手によくなってゆくのを見届け、確認するだけの作業と言えましょう。

ですので愉和法を、整体と呼ぶべきなのかどうか、悩むところです。

刺激によって、からだは変わりません。
むしろ、押されたりし続ければ、「適応」といって、刺激に耐えようとしてからだは硬くなってゆきます。

硬くなったからだをさらにほぐそうとしますと、また、より大きな刺激が必要となります。
そのようなスパイラルに入りますと、操者も受け手も余計な力を使うこととなり、結果として、一緒にからだをこわばらせる方向に行ってしまいます。

また、からだをひねったりしてボキッと骨を矯正し続けますと、からだは鈍くなり、やがてはヘタをすると毀れてゆきます。

*******

治療の世界を俯瞰してみますと、整体をはじめ、どの療法でも、刺激を与えて治そうとします。
医学の世界でも同じですよネ。

熱が上がれば下げる、血圧が上がれば下げる、ホルモンが足りなければ補充する・・
起こっている症状の声に耳を傾けることなく、ただ正常値に向かって帳尻を合わせようとする逆療法のオンパレードです。

熱は上がりきれば自然に下がります。
血圧も、必要があって高くなっているかもしれません。

抗生物質がウイルスを殺すのであれば、免疫細胞は働く機会を失います。
ホルモンが外から入ってくれば、からだはそのホルモンを分泌するモチベーションを失います。

つまり、刺激はからだを治すわけではないのです。
いや、ときによって一見は治ったように見えるようになるかもしれません。
しかしその本質は、問題を先送りし、生命力を弱らせていると言ってよいかもしれません。

治すのではなく、治る

では病気になったからだをどうやって治療すればよいのか。

病気や症状が出るようになるには、原因があります。
西洋医学も東洋医学も、また整体などの手技療法も、ともすれば病気や症状を見るばかりで、本当の原因にアプローチすることは少ないように思えます。

たとえば腰が痛い。
腰だけをどうにかしようとします。

狭心症になった。
ニトロスプレーで発作を抑えます。

気管支炎やぜんそく。
気管支拡張剤で凌ごうとします。

頭痛。
投薬で頭痛の起こる中枢に働きかけます。

まだまだ枚挙に暇はありませんが、問題の本質に目を向けていないのではないか、と言わざるを得ません。

愉和では、どの病気や症状にも、本質的な原因があると診ます。

腰痛であれば、どこからテンションがかかっているか、足からなのか、腕からなのか、あるいは頭部からなのか。

狭心症であれば、左手の手指の詰まりから心臓部分にかかってはいないか。

気管支炎やぜんそくであれば、頭部のこわばりから来ていないか、また腕の詰まりから来ていないか。

頭痛であれば、足の趾に詰まりがないか。
かくのごとく、精細な観察が成されます。

この、観察によって本質的な原因がわかれば、そこを調整することで、どれだけスムーズに、しかも副作用なく治癒することでしょう。
更に、自分自身の治癒力で治癒しますので、治療を通して、よりからだは彊(つよ)く、感受性が豊かになります。

からだは、他力で治すべきものではありません。
治すのではなく、治るのです。
愉和法とは、そのように導くための手法以外のものではありません。

愉和法は、手を当てるのみ

ではいかにして、治るように導く(治療する)のか。
それは、「手を当てる」だけです。

手を当てるというのは、刺激にもならない刺激と言えましょう。
ところが、これがピタッとする箇所に当てますと、からだの方で勝手に、自然に(自働的に)変わってゆくのです。

当て方は、紙一枚隔てるようなイメージで、実際には触れるか触れないかのように、そっと当てるような塩梅。
当然、チカラワザをおこなうことなどできません。
しかし現実には、これでなにをやってもよくならなかった病気や症状がよくなってゆきます。

これは一体、どういうことなのか。

おそらく、からだはいつも良くなりたいと思っているのです。
ですので、からだの要求感覚のある箇所に手を当ててあげますと、そこには気持ちのよさがあり、拘縮がほどけていく作用が生まれ、かくしてからだの本質の問題が解決してゆき、もって治癒がなされるという結果となるわけです。

おそらく手を当てるという行為は、直接肉体にさわるということではなく、「生命のエネルギー磁場」にアプローチをしているというふうに考えるとよいのだと思います。