Home > 症状別施術法 > 各種療法家向け技術相談

各種療法家向け技術相談

施術結果に納得がいかない方へ

腰痛や肩こり、頭痛、あるいは座骨神経痛やヘルニアなど、いわゆる手技療法といわれるものが適しているといわれるものの症状において、どうも施術結果がかんばしくない、またはいまひとつ満足できないというプロの整体、カイロプラクティック、その他療術を生業としている先生へ向けた技術相談です。

実は私も最初の頃は、手も足も出ないようなことがありました。
そんなときは、とても悩んだものです。
この仕事は、自分には向いていないんじゃァないかという思いにまでとらわれたりもしました。

でも、こんなときこそが、その人間が試されている試金石となっているのかもしれません。
悪夢だと思ってあきらめて忘れようとするか、それとも四六時中その症状を反芻し、考え、その症状と格闘して、足がかりをつかむまで決してあきらめないか。

また、どれだけ施術者が煩悶していても、それは決して表に出してはならないものです。
加えて、いかに解決していないモンダイがあろうとも、操法のときはこころを静かにしていなければ、からだを読んで的確な処置を施すこともできなくなります。
つまり、なにがあってもこころを乱してはイケナイ。

ことほど左様に、プロの世界は厳しいのだと私は考えます。
これまで、このようなことのことの繰り返しだったと言っても過言ではありません。
そしてそれは、これからも続くのだと思います。
このような戦場とも言えるようななかで、ホントに徐々に徐々にですがいつしか、どこにも書いていないこと、誰からも教わっていないこと、しかも非常に大切なことに気づいてゆきました。
それがいわゆる操法における観察点というものです。
それらを生かしていただければ、私以外の人であっても、よりクライアントの要望にも応えられ、しかも毀してしまうようなことも減るのではないかと考えました。
そして、このなかでそれら、私の気づきはできるだけ公開しています。

ただし、こころとからだの世界にはゼッタイというものはなく、まだまだ未知の世界は残っておりましょう。
私自身もまだまだですし、これからもその地平での探求が続きます。
そして可能な限り、発見したものは公表していこうと考えています。
それらをできるだけ参考にして施術に生かしていただき、役立てていただければ幸いだと思っています。

ただもっとダイレクトに、ナマで直接に施術のキー・ポイント、観察点などを教わりたいというプロの方の要望にお応えすることにしました。

さらなるステップアップを目指す方へ

いわゆる「筋骨格系」というような言い方をしますが、プロ、アマを問わず筋肉をほぐす、骨を矯正するのが手技療法だと思っている方がほとんどではないでしょうか。
いわゆる腰痛や肩こりですよネ。

内臓系に関しては医学が受け持つものであり、手技療法が内臓系に関与できるのは臓器とかかわりのある椎骨の調整や、患部に気を通すなど、間接的でごくわずかな部分だというのが一般的な考えでしょう。
ところが実際のところ、整体においては(急所を得た操法をおこなえば)内臓疾患の調整は多く卓効があります。

ホントは整体において診なければならないのは骨でも筋肉でも内臓でもなく、まさに「形にあらわれないバランス」そのものです。
その、目に見えないバランスを調整していく繰法のなかでも、押さえなくてはならないポイントがあります。
要は内臓系もまた、きちんとした観察点があるのです。

療術を生業としていて、一般の施術においてある程度の自信を持ち、かつさらに難しい症状、また内臓疾患なども解決したいという意欲を持った方の技術相談もお受けいたします。

プロではないけれども、いろいろと相談をしたい方へ

整体を受けた方からしばしば、愉和の操法についてのご質問があったり、またこれから整体を学びたいのだけれども・・というお話があったりします。
私は時間の許すかぎりお応えしていますが、どうしても尻切れトンボになりがちです。

プロではないけれども志があり、尋ねたいものを多々お持ちの方についてのご相談も、承ります。

私は思うのですけど、極端にいえば3ヶ月前と同じことをやっていてはダメなのではないでしょうか。
日々気づきがあり、そこから、それこそ縦横無尽に、自由に変化していかなければならないと考えます。

したがって上記の技術相談というのは、基本的には相談者の持つ手法のなかで、いかに急所をとらえ、的確な施術をして改善させていくかということがキモになります。

*料金は施術料と同じく、6000円です。