Home > 症状別施術法 > 生理痛なんてイラナイ!

いじくられてない方がやりやすい

どういじくられる?

愉和にお越しになる方のなかには、それまでいろいろ行ったあげく、どうしようもなくなってから来るというパターンも多いです。
つまり、いじくられまくった状態の方も、しばしば拝見することになるわけです。

*******

揉まれまくった、
バキバキされまくった、
太い鍼を刺されまくった、
牽引されまくった、
薬を処方されまくった、

また、人工関節を入れられた、
ボルトが入ってる、
歯科矯正されている、

などなど・・

もちろん、必要があっての場合は致し方ありません。
しかし、そうでないとしか思えないいじられ方が多いのも事実。



歯列矯正をやると?

あるとき、からだの痛みや不調を訴えてきた方がありました。
Kさんとします。

Kさんはもともと不調の多い方だったのですが、あるとき「歯の噛み合わせが悪いから不調なのだ」と言われ、噛み合わせの調整をしました。
調整後、少しよくなったようです。

しかし、しばらくしてからドンと調子が落ち、歯科ではどうしようもなくなった。
それで、私のところに来られたわけです。

ところが私は噛み合わせ調整のお話を聞き、少々戸惑いました。
なぜなら、からだの調整をすると、また噛み合わせが変わってしまう可能性があるからです。

そこで私はKさんに、いじった歯の本数を尋ねました。
すると、1本だけ高くしたとのこと。
それであれば、あとから調整するとしても1本だけ低くすればよい話ですし、また、いま現在のしんどさもたいへん大きいので操法することにしました。

*******

結果、不調はほぼ改善し、とてもラクになったとのお話でした。
そして私はその場で、歯の噛み合わせの具合についても聞きました。

Kさんは、少し気になる感じがするけれども、楽になった安堵の方が大きいとのこと。
歯のことについて説明してお帰りいただきましたが、後日聞いたところによると、特段の不具合は起きなかったとのお話。
私はちょっとホッとしました。

つまり、こういうことです。

からだのアンバランスが原因となって噛み合わせがおかしくなっている場合、からだのバランスを調整すれば噛み合わせもよくなります。
恐いのは、からだがアンバランスのまま噛み合わせだけを調整すると、大本のバランスそのものがおかしくなってしまうということなのです。
さらにそのままバランスを調整すると、全体はよくなっても、こんどは噛み合わせに不具合が出てしまう可能性も顔を出してくるワケです。

ですので正直な話、できれば最初に私のところへ来ていただきたかった。
そうすれば、お話は一番早かったハズです。
もちろん、からだのバランスが原因でない場合は、この限りではありません。



骨ボキボキをやると?

また、力づくの骨ボキボキの施術を受けて症状がひどくなったという方も、ちょくちょくあります。
なかには念入りに念入りに毀されていた、なんてこともあります。

私にとってはもともと問題のあった箇所の調整のみならず、毀された幾つもの箇所の調整をしなければならない、つまり手間が大きく増えるということになりますし、お客さんにとっても余計な通院ということにもなります。

とはいえ、どの方もそうですが、そうなるなんて夢にも思わなかったのだろうと思うのです。
ですので、それを防ぐ処方箋というのは、恐らくないのでしょう。

ただしひとつ、これだけは覚えておいてください。
強いところは、ダメです!